中山阿莉沙 / Arisa Nakayama

修士2年

東京藝術大学 大学院 美術研究科 デザイン専攻 空間・演出研究室

鈴木太朗研 5期生

父親はタイ生まれの中華系タイ人、母はペルー生まれの日本人。1993年、東京生まれ。
多摩美術大学情報デザインメディア芸術コースに進学。目まぐるしく移り変わるテクノロジー技術に触れ、挫折。大学2年次を終了後、語学留学を言い訳にカナダへ留学し、2年間の休学を経て復学。
そこから“電気を使わないインタラクティブアート”の表現に乗り出す。たんぽぽの綿毛を使ったインスタレーション作品「watage」を発表し”SICF18“で準グランプリ・オーディエンス賞を受賞。現在は「人の重さを原動力にしたインタラクティブ作品を構想中。他の活動:アメリカのArt Center of Collegeの学生共同でタイの伝統工芸の発展を促進する「Pacific Rim11」の企画参加など。

1993.7 東京都生まれ

2017.4 多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース 卒業

2018 東京藝術大学デザイン学科空間演出研究室 在学中

 

2016 学外展「Sel_4」(AXIS/東京)

2017 SICF18 (スパイラル/東京)準グランプリ ・オーディエンス賞

2017 spiral take art collection 2017 収集衆商 (スパイラル/東京)

2018 卒業制作展「台風のメ」(赤レンガ倉庫/横浜)

2018 SICF18 Winners Exhibition (スパイラル/東京)

 

http://euglenaworks.tumblr.com